医薬品の個人輸入代行業者は何をしてくれるのか

その煩雑な個人輸入を代行業者に任せて安心してみませんか?

あなたに代わってその個人輸入を代行します!

海外から医薬品を手に入れるという事
普段、医薬品を入手するには、病院で医師の処方を受け調剤薬局で購入するか、ドラッグストア等で買うのが一般的だと思います。医療用医薬品(医師処方の医薬品)は、薬局医薬品(一般の市販医薬品)より薬効は高いのですが、必ず医師の管理下で使用しなければなりません。
また、期待しない副作用を避けるため、投薬服用後の経過や用法・用量の注意指導があります。価格は、医療用医薬品は健康保険適用とされ、薬価点数換算の3割で入手できます。ところが健康保険適応外の医薬品は実費全額が請求されます。医療用医薬品が1000円だった場合、実費全額だと約3000円となります。

海外では、医療用医薬品や同成分のジェネリック医薬品が安価でが普通に販売されています。日本での医薬品の輸入は、個人で使う範囲なら合法で認められているという前提があります。薬局医薬品だと2ヶ月分、医療用医薬品でも1ヶ月分なら個人で輸入できます。但し、薬理作用効果や期待しない副作用については自己責任という大前提があります。また日本で未承認の医薬品は輸入ができません。

海外から医薬品を個人で輸入する方法とは…
海外の販売店のサイトを閲覧すると、目的の医薬品の販売状況がわかります。ここから、医薬品を注文する事になりますが、これがとても煩雑です。初めて個人輸入をする場合、間違ったり結局注文できなかったりで失敗する事が多いでしょう。
まず、現地の言葉が使えないと、質問や製品の品質保証と検品、返金、返金等の交渉ができません。また、その国の輸出入に関する税金を理解しておく必要があります。加えて、安い送料だと輸送に時間がかかる事を理解し、必要なら高い送料でも迅速に入手できる輸送方法で依頼する必要があります。
これらのハードルがあり、個人での輸入は敬遠されがちなのです。

医薬品を個人で輸入するというというのはどういう事?

海外から医薬品を個人輸入したい。 それには輸出入関連の税金や配送料金や配送期間等の煩雑な交渉をそれぞれの事務管理者としなくてはなりません。そして一番不安な「これらを現地の人に通じる言葉でやりとりする」というハードルもあります。 これらの悩みを一気に解決できるのが、個人輸入代行業者という事なのです。

個人輸入を業者に任せるという選択

代行業者は、現地で目的の物を代理購入し、日本に国際輸送手続きをして発送してくれる業者です。現地の言葉が使えなくては、注文どころか、その国から輸出する手続き書類の作成・発送も難しい状況です。 個人でこの行程を滞りなく行うのは大変です。個人輸入を専門に請け負っている代行業者に任せて楽々安心です。

こんな事で輸入代行業者とトラブルになる!

検品基準が、緩く日本のとは程遠いと、受領後にトラブルになるかもしれません。また、不慣れな外国の商取引なので、より明快な会計の内訳が必要です。不当な高額ではトラブルになります。取引期間中は、代行業者とすぐに連絡が取れ、事前にトラブル回避できるような所がいいです。