その煩雑な個人輸入を代行業者に任せて安心してみませんか?

医薬品を個人で輸入するというというのはどういう事?

めんどくさい個人輸入をやってくれる業者

代行業者に依頼した場合はとても簡単です。
目的の医薬品と数量をで告げ発注すると、医薬品の代金と送料手数料など含めた総額を案内されるので支払います。
この後、あなたは家で注文品が到着するのを待つだけです。

輸入代行業者は、注文の医薬品を販売会社に注文し受領・検品します。この時点で依頼に沿わなかった場合、返金や返品交換交渉をします。目的の医薬品を正しく受領できた場合、梱包し発送し諸手続きをします。現地国からの出国手続きと日本への輸入手続きです。専門に輸出入をしているので、この辺りの事務手続きは日常業務です。業務提携している国際輸送に商品を渡し、また日本への到着日時に合わせて国内輸送会社に連絡して、今回の業務は終了です。

代行業者がやってくれた、これら全ての行程を個人で滞りなくやるのは煩雑で、難しいです。
輸入代行業者に頼まない選択はありません。

個人輸入代行業者のお仕事

代行業者は怪しい半端な仕事ではありません。
現地で買い付けをするにあたり、様々な交渉事は大抵引き受けてくれます。販売会社と複数取引のある代行業者さんなら、それらの会社の特色を考え提案してくれます。
A社は安いがロットが少し古い
B社は高いが商品として高品質
C社は対応が迅速等…
また買い付け後の検品も、現地の基準~日本の高度な基準まで幅広く定義でき、それに応じて返品・返金の交渉も代行してくれます。

検品で問題がなかった場合、発送の行程になります。出国関連の税関手続きと日本での入国関連の手続き両方をしてくれます。同時に処理してくれるので効率的です。また日本で税関を通過した後の配送手続きも怠りがありません。予め提携している運送会社と連携し、迅速に配達できるように手配されているのです。

これらの行程のどれもが、依頼者の信頼を得て、リピートしてもらえるための営業努力なのです。


この記事をシェアする