その煩雑な個人輸入を代行業者に任せて安心してみませんか?

個人輸入を業者に任せるという選択

業者を使うとこんなメリットがある

輸入代行業者は、現地スタッフが常駐し、相手と直接交渉や購入から国外発送までの全般の手続きをしてくれます。
日本からメールや電話で交渉手続きする個人の場合と違い、様々なメリットがあります。

日本語が通じる現地スタッフがいるので、意思の疎通がしやすく、連絡がとても取りやすいです。販売会社と価格、納期、品質保証等難しい部分の交渉を代行してくれます。
現地の輸送料金と日本への海外送料、日本の国内輸送料金は、それぞれの運送会社と提携契約があり個人で単発依頼の料金と比べても格安です。
支払いは輸入代行業者に1回で済むので、かかった金額の内訳が分かりやすいです。
またトラブル時の対応、検品、品質保証、返金、返金を代行してくれます。
輸入代行業者は、ほとんどの場合専用サイトを持っています。目的の商品の情報を日本語で確認しやすく、また購入から納期までの目安もわかりやすいので、参考にされるといいでしょう。

自分でやらないときのデメリット

対して、自分で全行程をやった場合、最悪の場合輸入できない事もあります。
現地の販売会社には現地の言葉でしか通じない場合が多く、日本語では通じないと思っていいです。メール等で連絡する場合、出荷担当者が見て返事を入力します。この出荷担当者は日本向け専門担当者ではないので日本の慣習と違い、なかなか意思の疎通ができない場合があります。販売会社と、価格・納期・品質保証等、デリケートな交渉にはネィティヴな現地の語学力が求められます。

検品は現地にいない限りできません。あきらめましょう。注文品が違う・数量が合わない・品質が悪い等トラブルの対応が大変で、返金・返品・交換等の手続きもとても大変です。販売会社、現地の輸送会社、国際輸送会社、日本の国内輸送会社支払いが細かく複数回あるので、その都度決済手続きが大変です。


この記事をシェアする