その煩雑な個人輸入を代行業者に任せて安心してみませんか?

こんな事で輸入代行業者とトラブルになる!

医薬品の輸入代行業者を選ぶ時の注意点

今回は「医薬品」と商品が限定しているのでその分野に特化した専門業者が間違いありません。
個人輸入を数回経験し、慣れたら他の業者にと選択肢を広げるといいのです。

意思の疎通は重要です。日本語と現地の言葉が堪能なスタッフの存在は欠かせません。また、日本の慣習、基準や観念等を理解してもらってないと後々トラブルになりかねません。例えば、購入品の検品が現地基準でいい加減だったり、医薬品を扱っているのに不衛生な業務環境だと、こちらに到着してトラブルになるのは明らかです。

これらの条件を満たす輸入代行業者は、殆どの場合、日本人が数年長期間で運営に関与して業務管理している所です。
それらの輸入代行業者のサイトを探し出すのは決して大変ではありません。
そういうところはこちらから連絡すると直ぐに返事をくれて、様々なサービスを紹介してくれると思います。

輸入代行業者がやってくれる事

輸入代行業者は、依頼案件にサービスを付加する事で信用を得ています。
相手業者選定から個人輸入の手続きの全般を一括で請け負ってくれるというのは、依頼する側としてはとても安心できます。不慣れで不安に思ってる事を豊富な経験を基に解決してくれるのが信用に値するのです。

具体的には、商品受領後すぐに検品してくれる。これは現地にいなければ物理的に不可能です。諸経費(送料、税金、手数料)が分かりやすい。また関税など税金関連や煩雑な手続きも全てやってくれます。販売業者からの購入~日本への国際輸送の全てを俯瞰して捉える事ができる輸入代行業者ならではです。ですが最大のメリットは、どの局面でも現地の言葉で相手と詳細な交渉をしてくれる。これほど心強い事はないと思います。

これらが輸入代行業者がサービスとしてやってくれる事です。
個人輸入代行業者がやってくれる事は、不安の解消と煩雑な諸手続きからの解放です。


この記事をシェアする